家の買取相場は仲介の60%~80%!できるだけ高額で買い取ってもらうコツとは?

家の買取相場は仲介の60%~80%!できるだけ高額で買い取ってもらうコツとは?

家を売却するには、買取と仲介の2つの方法があります。

仲介は、不動産会社に仲介してもらい、市場で買い手を見つけることを指します。一方、不動産会社に家を買い取ってもらう方法が買取です。

買取は仲介と比較すると売却価格が安くなってしまうという特徴がある反面、仲介よりも早く現金化できるというメリットがあります。

今回は、家の買取相場や、査定額が低くなりやすい中でも、不動産会社にできるだけ高額で買取をしてもらうためのポイントを詳しく解説します。早めに家を売却して現金化したい方は、ぜひ参考にしてください。

買取価格の相場は仲介の60%~80%

まずは、買取と仲介の特徴を見ていきましょう。

仲介とは、不動産会社が売主と買主との仲介人となって、売買契約を取りまとめる方法で、不動産会社が買主を探します。一方、買取の場合、買主は不動産会社です。不動産会社が直接、売主から物件を買い取ります。

買取価格の相場は、仲介の60%~80%程度です。市場価格では3,000万円で取引されている物件であれば、買取価格は1,800万円~2,400万円程度が相場です。

売却価格の面だけで見ると、買取にメリットはありません。しかし、買取には現金化が早いというメリットがあります。

できるだけ早く現金化したい人は買取がおすすめ

仲介と比較すると、買取は売却までの期間が短い点に特徴があります。

仲介の場合、売却までに4カ月~6カ月かかることが一般的です。売却まで年単位でかかってしまうことも珍しいことではありませんし、買い手がつかない可能性もあります。

一方、買取の場合は、最短数日から1週間程度で売却に至るケースも少なくありません。すぐにまとまった現金が必要な方は、買取をおすすめします。

少しでも高く売却するなら仲介に

買取と比較したときの仲介のメリットは、買取価格が高くなる点です。買取相場は仲介の60%~80%で、もともとの相場が仲介の方が高いことに加えて、物件の状態や市況などによって、相場より高く売れる可能性もあります

そのため、売却まで多少時間がかかっても構わないという方は、まずは仲介での売却を考えるべきでしょう

買取価格の相場が仲介より安い理由

ここでは、買取価格の相場が仲介より安い理由を見ていきましょう。

再販費用が差し引かれる

不動産会社は、買い取った家をそのまま売るわけではありません。買い取ったままの状態の家を売りに出しても買い手がつかないため、リフォームやリノベーションを行った上で売りに出します

また、設備も新しいものに替えたり、修繕したりしなければなりません。

加えて、販売活動を行うのにも、宣伝費や人件費、不動産取得税や登録免許税といった税金などのお金がかかります。

不動産会社の利益分が差し引かれる

買取価格の相場が安くなる2つめの理由は、不動産会社の利益分が差し引かれている点にあります

不動産会社は、買い取った家を売ることによって利益を出さなければなりません。仲介の相場で買い取った場合、利益を得るためには相場以上の価格をつける必要があります。

仲介の場合、仲介手数料が不動産会社の利益です。そのため、売却価格を下げなくても不動産会社は利益を確保できます。

しかし、買取の場合は売主が自社ですから、手数料は発生しません。

相場より安く買い取った家を買取価格より高値で売ってはじめて、不動産会社の利益になります。そのため、仲介相場より買取相場が安く設定されます。

家の買取相場を把握することの重要性

不動産会社に買い取ってもらう場合でも仲介してもらう場合でも、売主自らが相場を把握することは非常に重要です。

仲介の場合、家の売却価格は不動産会社の担当者がアドバイスをしてくれますが、最終的に決定するのは売主自身です。売主自らが相場を把握していないと、適切な売却価格をつけられません

売却価格が安すぎると、売れる可能性は高まりますが、損をしてしまうでしょう。反対に、売却価格が相場より高すぎると買い手自体がつかない可能性があります。

また、買取の場合も相場を把握していないと、不動産会社の出した査定額が適切なものであるかの判断がつきません。相場を知らないがために、本来の価値より安値で売ってしまったことも十分考えられるわけです。

買取価格の相場は、築年数と物件の住所によって変動します。不動産会社に査定を依頼する前に、築年数と住所で大体の相場を把握しておきましょう。

築年数によって買取価格は大きく変わる

築年数は浅ければ浅いほど、買取価格は高くなります。国土交通省がまとめた「中古住宅流通、リフォーム市場の現状」によると、築年数が経てば経つほど不動産価格が下落していくことがわかります。

下の表は、戸建て住宅の築年数と買取相場の相関を示したものですが、マンションでも同様です。

築5年ほどすると価格は70%に下落し、10年ほど経つと50%以下に下落してしまいます。そのため、買取価格の面だけでいえば、思い立ったときにすぐに行動することをおすすめします。

売却したい地域によっても買取価格は変動する

また、不動産を売却する地域によっても買取価格はまったく違います。国土交通省の「不動産取引価格情報」によると、日本でもっとも買取価格が高いのは東京都で、中古マンションの買取相場は2,413万円です。

参考::不動産価格指数|国土交通省

一方、同じ首都圏でも千葉県は1,323万円、埼玉県は1,376万円と東京都と1,000万円もの開きがありました。

家の買取相場を無料で調べる方法

先に解説したように、家の買取相場は築年数と売却する地域によって、大きく異なります。大体の相場は把握できるものの、それぞれの物件によって買取価格はまったく違うのです。

それでは、「自分の家がどれくらいの値段で買い取ってもらえるか知りたい」方はどのように調べれば良いのでしょうか。

自分の家の売却価格を知りたい方は、無料で家の買取価格を把握できるサイトを利用してみてはいかがでしょうか。以下から、おすすめのサイトを紹介します。

実際の成約価格がわかる「REINS Market Information(レインズ・マーケット・インフォメーション)」

「REINS Market Information(レインズ・マーケット・インフォメーション)」とは国土交通大臣指定の不動産流通機構が管理・運営している不動産情報サイトです。

全国の不動産会社が加入するネットワーク「全国指定流通機構連絡協議会」が保有する物件の成約価格などの取引情報を検索できます。検索できる取引情報は、10万件以上です。

成約価格だけではなく、間取りや築年数、駅からの距離など細かい条件で絞り込めるため、売りたい物件と同じような条件の実際の取引価格を把握できます。正確な買取価格を知りたいという方におすすめのサイトです。

過去の不動産取引相場が調べられる「土地総合情報システム」

不動産の取引価格や地価公示、都道府県地価調査の評価を検索できるサイトで、運営しているのは国土交通省です。

幅広い不動産に対応しているのが特徴で、土地・建物・マンションなどの他に宅地だけの価格や農地、林地の価格も検索できます。家を売りたい方はもちろん、更地にして土地だけを売りたいという方にもおすすめのサイトです。

全国800社以上の不動産会社と提携する「インスぺ買取」

不動産買取専門のマッチングサイトです。不動産情報サイトを運営するNon Brokers 株式会社が提供するサービスです。登録買取会社数は800社以上、年間買取予算は7,000億円以上で高い顧客満足度を獲得しています。

物件の種別と住所を入力するだけで買取査定を依頼でき、最短1週間で査定額が提示されます。査定額に納得すれば、最短2週間での売却も可能です。

買取価格を知るだけでなく、できるだけ早く買い取ってもらいたいという方におすすめします。

現在売り出し中の不動産価格がわかる「HOME4U」

不動産の売却や購入、土地の資産活用などをサポートする情報サイトです。NTTのグループ企業である株式会社NTTデータ・スマートソーシングが運営しています。

全国の不動産物件の検索や住宅情報や土地の売却情報など、不動産に関するあらゆる情報を網羅している点に特徴があります。

また、現在売りに出されている中古住宅情報のエリアごとの検索が可能です。物件種別・築年数・建物面積・土地面積など、検索条件を細かく設定できるため、自宅と似た物件の売り出し価格を把握できるでしょう。

買取価格を上げるためのポイント

最後に、買取価格を上げるためのポイントを解説します。

  • 必ず複数社から査定を受ける
  • 住み替え需要が高まるタイミングを狙って買取に出す

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

必ず複数社から査定を受ける

最終的に買い取ってもらう不動産会社は1社ですが、査定は必ず複数社から受けましょう。不動産会社の買取価格は、会社によってまったく異なるからです。

A社では1,500万円と査定された物件が、B社で2,000万円と査定されることは珍しいことではありません。

不動産会社によって、特徴や得意分野が違います。マンション販売が得意な不動産会社もあれば、一戸建ての販売に強みがある会社もあります。

マンションを扱っている会社でも、単身用に特化した不動産会社がある一方、ファミリー向けが得意な会社もあります。

不動産会社の得意分野と合致した物件であれば、相場より高く買い取ってもらえる可能性もあるでしょう。高く売却できる可能性を少しでも上げるためには、複数の不動産会社から査定を受けることが重要です。

住み替え需要が高まるタイミングを狙って買取に出す

家には、売れやすい時期と売れにくい時期があります。売れやすい時期を狙って買取に出せば、他の時期より高く買い取ってもらえる可能性も出てきます。

家がもっとも売れやすいのは、2月と3月です。日本では4月に転勤や就職のタイミングである会社が一般的で、その直前に住み替え需要が高まることが主な理由です。

また、10月のタイミングでの転勤も多いことから9月の住宅需要も高くなります。

下記の表は、2019年9月から2020年8月までの首都圏中古マンションの成約件数と平均価格の推移です。

2月・3月・9月の成約件数が多く、平均価格が高いことがわかります。

このタイミングであれば、売りやすいため、不動産会社は売れ残りのリスクが低くなります。結果的に、他の時期より買取価格が高くなる可能性があるのです。

不動産の買取から内装工事を行った上で市場に出すまでは、1カ月~2カ月ほどかかります。そのため、2月~3月を狙うなら12月頃9月を狙うのであれば7月頃には不動産会社に買い取ってもらう必要があります。

まとめ

買取価格の相場は、仲介の60%~80%程度です。少しでも高く売りたいという方は、仲介を第一にするべきでしょう。

しかし、買取には短期間で現金化できるというメリットがあります。

仲介では、現金化できるまで4カ月~6カ月ほどかかることが一般的です。加えて、売りに出したとして必ずしも買い手が見つかるとは限りません。

買取の場合は、数日から1週間程度で契約が締結することも少なくありません。

買取の方が良いか、仲介の方が良いかは、不動産を売りたい方の事情や物件の特徴によって変わります。

買取と仲介、それぞれのメリットとデメリットをきちんと把握した上で、どちらの方法で売却する方がより良いのかを慎重に検討して、ベストな選択をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です