住んでいる状態で家は売れる?空き家で売却する時との違いも解説

住んでいる状態で家は売れる?空き家で売却する時との違いも解説

今住んでいる家を売りたいと考えたとき、「そもそも、家を住んだままの状態で売ることはできるのか」と気になる方もいるでしょう。

今回は「住んでいる家を売るメリット」に加え、家を売る方法や家を売る際の注意点などを踏まえて「住んでいる家を売るポイント」についてまとめます。住んでいる家を売りたいと考えている方には、きっと役立てていただけるでしょう。

住んでいる家でも売却できる!

現在住んでいる家であっても、売却することは可能です。住んでいる家を売るメリットやデメリットについて、まずはお伝えしていきましょう。

住んでいる家を売るメリット

住んでいる家を売るメリットとして、下記の点があげられます。

  • コストを抑えられる
  • 家を売って得た資金を住み替え費用に充てられる
  • 購入希望者に家の魅力を伝えやすい

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

コストを抑えられる

住んでいる家を売る際には、余計なコストがかかりません。

もし現在住んでいる家を空き家にして新居を探す場合、家のローンが残っているのであれば、新居のローンに加えて二重にローンを支払う必要があります。また、仮住まいとしてほかの住居を借りる必要も生じるため、家賃などが発生することも考えられます。

住んでいる家を売るのであれば、そういった支出は不要です。新居を先に買ってから売却するよりも、住んでいる家を売却した方がコスト面での不安も小さくなります。

家を売って得た資金を住み替え費用に充てられる

住んでいる家を売る場合、家を売って得た資金をローンの返済や新居の購入に充てることができます。得た資金は住み替え費用に充てることができるので、手元に十分な自己資金がない方でも安心です。

「家が売れない」「売却価格に折り合いがつかない」といった場合は、資金繰りも悪くなりがちです。家に住みながら売却活動をすることで、こうしたリスクを回避することもできるでしょう。

購入希望者に家の魅力を伝えやすい

家に住みながら売却活動をしていれば、内覧時に売主が購入希望者と直接話をすることも可能です。売主は家の魅力を伝えやすいですし、売主しか知り得ない近隣の情報も伝えられます。購入希望者との関係性も構築しやすいといえるでしょう。

家の購入希望者は、その家だけを見ているわけではありません。他の物件と比較検討した上で、購入する家を決めています。

「売主の印象が良い」という点は、家を買ってもらう上でのメリットとなり得ます。全体的な印象が良くなるため、家が売れる可能性も高まるといえるでしょう。

住んでいる家を売るデメリット

続いて、住んでいる家を売るデメリットについて見ていきましょう。主なデメリットは、下記の通りです。

  • 急に内覧予定が入ることもあり、予定を立てづらい
  • 生活感が溢れた家は売れにくい
  • 内覧の対応に手間がかかる

それぞれのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

急に内覧予定が入ることもあり、予定を立てづらい

今住んでいる家に、いつ内覧の予約が入るかわかりません。急な内覧の要望にも応える必要があり、週末などに突然「今日は内覧できますか?」と不動産会社から連絡が来る可能性もあります。

特に内覧は土日や祝日に集中しやすく、休みの日を制限されてしまいがちです。週末の予定を入れることが難しくなり、予定を立てにくくなることは覚悟しておかなければなりません。

内覧も基本的に購入希望者の都合に合わせて行うため、休日に家でくつろぐことが当面できないと考えておきましょう。

生活感があふれた家は売れにくい

あまりに生活感があふれた家は、売れにくい傾向にあります。住みながら家の売却を考えた場合「内覧時、いかに生活感を打ち消せるか」という点は大きなポイントとなるでしょう。

住みながら売却する以上、どうしても生活感は出てしまいます。しかし、あまりに生活感があふれた状態であると、内覧者の印象もよくありません。

  • 必要最低限の物しか置かない
  • できるだけきれいな状態を保つ

など、生活感が気にならないきれいな状態で内覧してもらうことが大切です。購入希望者に家の印象を少しでも良く持ってもらうためには、整理されたきれいな家を見てもらうのがベストでしょう。

内覧時の準備を怠ると「いつまでたっても家が売れない」ということにもなりかねません。気を引き締め、しっかりと準備を行いましょう。

内覧の対応に手間がかかる

住んでいる家を内覧してもらいたいとき、内覧の準備を不動産会社に丸投げすることはできません。内覧日までに家や周辺の整理整頓をするなど、自分たちで段取りを組む必要があります。

特にお子さんがいる家庭などは、掃除や片付けに想像以上に時間がかかることも考えられます。また、内覧時の対応も売主が行うことが多いです。購入希望者の出迎えなどをする必要があるため、なかには負担に感じる方もいるでしょう。

空き家で売却する時との違い

住んでいる家の売却を考えている方の中には「空き家にした方がいいのでは?」と考えている方もいるのではないでしょうか。

続いては、空き家で売却する時との違いについて解説していきます。住んでいる家を売却する時とは、下記の5点が異なります。

  • コスト
  • 内覧のしやすさ
  • 物件の印象
  • 物件の引渡し
  • 売却期間

それぞれの違いについて、下記で詳しく説明します。

コスト

住みながら家を売る場合、家を売却した後に新しい家を探すことになります。売却で得た資金をローンの返済や新居の購入などは、住み替え費用に充てることが可能です。

手元に十分な自己資金がない方でも家の売却によって自己資金を増やすことができ、新居を購入できるでしょう。

一方、住んでいる家を一度空き家にした場合は、住み替えをする時に二重ローンのリスクがあります。今住んでいる家のローンを返済することに加えて住み替え費用もかかるため、住みながら家を売る場合に比べて出費が多くなります。

手元の資金が十分でない方は住み替えローンなどもありますが、誰でも利用できるわけではありません。空き家にした場合は、住んでいる家を売る時に比べて金銭的な負担が大きいといえるでしょう。

内覧のしやすさ

住んでいる家を売る場合は、内覧時に立会いをします。人によっては嫌がられる可能性もあり、売主が気になって部屋をじっくり見られないという方も中にはいるでしょう。内覧時に収納を開けたり寸法を測ったりする方も多いため、心理的なハードルも高いです。

一方、空き家であれば、時間を気にせずじっくりと内覧することが可能です。必ずしも売主が立ち会う必要はありません。購入希望者も時間を気にすることなく、じっくりと家を内覧できるでしょう。

また、内覧希望者は自分の都合が良いときに訪問できるため、売主とスケジュールを調整する必要もありません。リラックスして家を見られるので、空き家の方が売却もスムーズに進みやすいといえるでしょう。

物件の印象

住んでいる家を売る場合、物件の印象はあまり良くありません。たとえ入念に掃除をしたとしても、どうしても汚れや傷は残ってしまいます。

また、生活感があふれた家は、理想とかけ離れたイメージを持たれてしまいがちです。購入意欲が低下してしまう原因にもなりかねません。

一方、空き家の場合は、きれいな状態で家を内覧してもらうことが可能です。物件全体の印象も比較的よいといえるでしょう。

物件の引き渡し

住みながら家を売却する場合は、引き渡しの直前まで同じ環境で暮らすことができます。
しかし、裏を返せば引き渡しまでには引っ越しを完了させておく必要があります。

売買契約を結ぶ際は買主の希望入居時期を考慮しますが、自分が希望している条件で新居がすぐに見つかるとは限りません。契約通りに引き渡しがなされない場合は、契約を解除される可能性もあるため注意が必要です。

引き渡し日に家を無事に引き渡せるよう、売却活動と並行して可能な限り新居の情報収集を行う必要があるでしょう。

その一方、空き家を売却する場合は、物件の引渡しまでもスムーズです。売却が決まった後も「引き渡し日までに引っ越しを終え、新居を探さなければならない」と考える必要がないため、精神的な負担は比較的軽いといえるでしょう。

売却期間

住みながら家を売る場合は、新たにコストがかかるわけではありません。売却を焦る必要がないため、じっくりと売却活動を進めることが可能です。購入希望者が現れるまで、希望価格で売却活動を進めることもできます。

一方、空き家にして家を売る場合は、家の売却が決定するまで住宅ローンの返済は続きます。家が売れるまでの間、住宅ローンと仮住まいの家賃等を支払い続ける必要があるということです。

また、家がなかなか売れなければ「いつまでこの状況が続くのだろう」と焦りも生じがちです。先が見えない不安で早く売ってしまいたいという心理が働き、希望していた売却価格よりも値引きをして家を売ってしまうことも考えられます。

そして、人が住んでいない家は劣化が急速に進みます。空き家の状態が半年以上続くようであれば、定期的なメンテナンスが必要となることもあるので注意が必要です。

住んでいる家を高く売るポイント

住んでいる家を売る場合と空き家を売る場合との違いはお分かりいただけたでしょうか。

その違いを理解した上で「住んでいる家を売りたい」という方は、高く売るポイントをおさえておいて損はありません。住んでいる家を高く売るポイントは、下記の5点です。

  • 掃除を入念に行う
  • 内覧がある時は事前に換気をする
  • 内覧者を出迎える準備を忘れない
  • 資料を準備する
  • スケジュールを調整する

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

掃除を入念に行う

住んでいる家を高く売るためには、内覧時の印象をよくする必要があります。内覧希望者に好印象を持ってもらえるよう、最低限の掃除は欠かせません。不要なものを捨てる、散らかっている場合は整理するなど、まずは身近な片付けからはじめるとよいでしょう。

物をある程度片付け終わった後は、家の掃除です。ただし、いつも家で行っているような掃除では足りません。水回りを中心として、入念に掃除をする必要があります。

キッチンやトイレ、風呂場などの水回りは、特に気にする方が多く、汚いだけで印象が悪くなってしまいがちです。内覧者が生活感を求める場所でもあるため、特に入念に掃除をしましょう。

「自力で掃除しても汚れが落ちない」「あまりきれいにならない」といった場合は、クリーニング業者への依頼もおすすめです。特に築年数が浅い家であれば、クリーニングをすることで新築のように見えるため、家も売れやすくなります。

一方で築年数が経った家の場合、どこか一つの場所がきれい過ぎると、かえって内覧者に違和感を与えてしまいます。不動産会社の方と相談するなどした上で、ハウスクリーニングを実施するとよいでしょう。

たとえばDUSKINのハウスクリーニングであれば、下記の料金が目安です。

クリーニング箇所 料金
キッチン1カ所(間口3m未満) 18,700円(税抜17,000円)
浴室1室(床面積4㎡、高さ2.4m未満) 19,800円(税抜18,000円)
洗面所1カ所(床面積4㎡未満) 9,460円(税抜8,600円)
トイレ1室(床面積2㎡未満) 9,460円(税抜8,600円)

参考:ハウスクリーニングサービス Sエリア | 料金表 | お掃除サービスのダスキン

上記の価格を参考に、家を掃除する際にはハウスクリーニングも検討してみましょう。費用はかかりますが、家全体の印象もよくなるのでおすすめです。

内覧がある時は事前に換気をする

家に住んでいるときは、意外と部屋のにおいに気付かないものです。しかし、はじめて家を訪れる人にとって、においは気になる点の1つです。

家の独特なにおいを緩和するためにも、内覧前には30分ほど換気を行いましょう。また、生活臭を少しでも和らげるために、消臭剤や芳香剤などで普段からにおい対策をしてもよいでしょう。

特に、タバコを吸う方やペットを飼っている方は要注意。家の印象を大きく左右するため、におい対策は万全に行いましょう。

内覧者を出迎える準備を忘れない

住んでいる家を売る場合は、内覧時の応対も必要です。内覧準備に合わせて、内覧者を出迎える準備も忘れてはなりません。内覧者はあくまでもお客様であることを意識し、内覧当日はていねいな対応を心がけましょう。

また、スリッパのない状態で内覧をすることに対し、不快感を抱く方もいます。キレイなスリッパを人数分、もしくは少し多めに用意しておくと安心です。

売主の対応は、家の購入を左右する要素ともなり得ます。内覧者の方が気持ちよく過ごせるよう、内覧の準備は忘れずに行いましょう。

資料を準備する

可能であれば、内覧者用に資料を準備しておくこともおすすめです。売却予定の家を中古で購入した場合は手元に資料がないかもしれませんが、新築で購入したのであれば、パンフレットや図面集などがあるはずです。

パンフレットには建物の構造や細かな設備が、図面集には縮尺などが記載されています。それらは、内覧者にとって家の購入を検討する際の良い参考資料となり得ます。

もし資料がないという場合は、近隣施設の情報などを集めておくと良いでしょう。その家に住んでいる人にしかわからない情報を伝えることで、内覧者はより入居後の生活をイメージしやすくなるからです。

質問をされたときに回答できるよう、周辺情報を整理しておきましょう。

スケジュールを調整する

家を高く売るためには、内覧の機会を逃さないことが大切です。そのためには、スケジュール調整が重要なポイントです。

売却期間中はスケジュールに余裕を持ち、購入希望者の都合に合わせることが大切です。特に内覧は土日や祝日に集中することが多いため、予定はできる限り空けておきましょう。

家を高く売りたいのであれば、より多くの購入希望者に家を内覧してもらう必要があります。少しでも多くの方に家を見てもらえるように、内覧の機会をできるだけ逃さないようにうまくスケジュールを調整しましょう。

住んでいる家を売る時の注意点

住んでいる家を売る時には、空き家を売る時とはまた違ったアプローチをする必要があります。内覧時には売主がいることも多く、だからこそ意識したいポイントもあります。

  • 内覧時に過度なアピールは控える
  • 交渉等は不動産会社を通して行う
  • 掃除は定期的に行う

上記の3点は、住んでいる家を売る時に特に注意したいポイントです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

内覧時に過度なアピールは控える

住んでいる家を売る場合は、購入希望者の方が売主に遠慮しがちです。どんなに部屋をきれいにしていても生活感は出ますし、実際に住んでいる方に遠慮してしまい、細かな点まで見られないというデメリットもあります。

あいさつをして内覧者を出迎えた後は、売主は他の場所で待機していてもよいでしょう。特に寝室やクローゼット内などは、売主がいると確認しづらい場所でもあります。

不動産会社の担当者に家の中は自由に見学していい旨を伝え、内覧者の方が気兼ねなく内覧できる状態を目指しましょう。

また、「家のよさを知ってもらいたい」からといって、売主が積極的に家のアピールをするのはやめましょう。よかれと思ってとった行動が、内覧者にマイナスのイメージを与える可能性もあるからです。

積極的なアピールは控え、内覧者とは適度な距離を保つことが大切です。質問に対して可能な範囲で答える程度に留めておくとよいでしょう。

交渉等は不動産会社を通して行う

内覧時に購入希望者の方と話をする際には、不動産会社の担当者がいる状態で話をするのがベストでしょう。仮に値引きの交渉などをされた場合、売主だけでの対応は危険といえます。その後トラブルに発展する可能性も否定できず、家の売却が難航する恐れもあるためです。

不動産会社の担当者がいないときに交渉の話が出ても、安易に応じないようにしましょう。トラブルを回避するためにも、担当者を交えた状態で話を進めることが大切です。

掃除は定期的に行う

中古住宅の購入を考えている方の場合、家にある程度の汚れや傷があることは重々承知しているでしょう。だからといって、家の掃除を怠っていいというわけではありません。家をきれいに保つためにも、内覧時だけでなく定期的に掃除を行うとよいでしょう。

また、普段から掃除することを心がけていれば、内覧の前に急いで掃除をする必要もありません。掃除が行き届いていない場合は、家の価値を下げてしまうことにもなりかねないため注意が必要です。

「忙しくて掃除に手が回らない」という方は、毎日少しずつでも掃除をすることを意識しましょう。

まとめ

住んでいる家を売る際には、メリットやデメリットを把握する必要があります。その点を知らずに売却活動を進めた場合、思ったように家が売れず、後悔をしてしまう可能性もあるからです。

家を売る際には内覧時にていねいな対応をしたり入念な掃除をしたりなど、売主が積極的に行動する必要があります。内覧時の対応には特に気を付け、少しでも高く家を売れるように行動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です