不動産買取業者は何を基準に選んだら良い?失敗しない不動産買取業者の選び方

不動産買取業者は何を基準に選んだら良い?失敗しない不動産買取業者の選び方

不動産売却の手段として、もっともメジャーな方法は、

  • 不動産仲介業者と媒介契約を結び、買い手を見つけてもらう
  • 不動産買取業者に直接不動産を買い取ってもらう

の二択でしょう。

この二つの手段にはそれぞれメリットとデメリットがあり、一概にどちらが良いとは言えません。詳しくは「不動産の仲介業者と買取業者の違いは何?状況別でどちらを使った方が良いのかも解説します」の記事をご覧ください。

また、ここではなんとしてでも高く売りたい不動産仲介業者ではなく、素早く現金化できる不動産買取業者の選び方について詳しく解説していきます。

不動産買取業者とはどんな業者?

まず始めに、不動産買取業者の特徴を解説していきましょう。端的に言ってしまうと、「最大限高く売りたい人には向いていないが、なかなか売れない物件を素早く現金化したい場合」におすすめの業者と言えます。

決済スピードがとにかく速い

不動産買取業者に依頼する最大のメリットが、決済スピードがとにかく速いという事です。

不動産仲介業者に依頼する場合、内覧予約の連絡や契約書のやり取り、価格交渉も全て仲介業者を挟んで行うのでタイムラグが生じます。更に、買主は住宅ローンを組んで購入する事がほとんどですので、ローン審査の結果を待つなど、様々な時間がかかります。

その一方で、不動産買取業者との売買契約は、売主と買主しかいないので、決済スピードがとても速いです。不動産買取業者は年間に何件も不動産を購入しますので、ローンを組むにしても金融機関との関係性があるので速いですし、大口の不動産じゃない限り現金決済が基本です。

新居の購入やすぐに現金が必要という状況の場合、不動産買取業者がおすすめです。

事故物件や訳あり物件でも売却できる可能性が高い

不動産買取業者の中には、「事故物件や訳あり物件を専門的に買い取る業者」も存在します。そういった物件に住みたいという人は多くはないので、なかなか仲介での売却は時間がかかってしまう事が多いです。

そんな訳あり物件を売却したい場合には、不動産買取業者を使うのがおすすめです。訳あり物件を専門的に取り扱っている不動産買取業者は、リフォーム業者であったり、駐車場やコンテナ経営など、土地活用を上手にこなす業者だったり様々ありますが、訳あり物件をうまく収益化する知識を持っている会社です。

利益を出せるのであれば、できるだけ沢山購入したいですし、そういった訳あり物件を取り扱う会社はここ最近どんどん増えてきています。「訳あり物件 買取業者」とGoogleで調べてみると、広告も沢山出てきますし、競合がいるのですから相見積もりを出すことも可能です。

仲介に出していてなかなか買い手が見つからない不動産は、買い取りに切り替えるのも選択肢として持っておくべきでしょう。

仲介手数料がかからない

不動産仲介業者に依頼する場合は、媒介契約を結び、営業活動をしてもらいますので、買い手を見つけてもらったら仲介手数料を支払わなければなりません。

宅地建物取引業法によって不動産会社が受け取る事のできる仲介手数料の上限額が決まっており、それは以下の通りです。

取引額 報酬額(税抜)
取引額200万円以下の金額 取引額の5%以内
取引額200万円を超え400万円以下の金額 取引額の4%以内
取引額400万円を超える金額 取引額の3%以内

※仲介手数料は消費税の課税対象なので、別途消費税がかかります。
出典:物件売却時の仲介手数料について | 公益社団法人 全日本不動産協会

上記を見て頂ければ分かる通り、3~5%も手数料が発生するので、数千万円規模の不動産売買ですと仲介手数料も数十万円~数百万円の仲介手数料が発生してしまいます。それが、不動産買取業者で買い取ってもらうとなくなる訳ですから、その点は大きなメリットとも言えます。

失敗しない不動産買取業者の選び方

不動産買取業者とは何か?を解説してきましたので、ここからは本題である「不動産買取業者の選び方」を解説していきます。

得意とする物件の種類を見極める

先ほど、「事故物件や訳あり物件を専門的に買い取る業者」が存在する事を説明しましたが、多くの不動産買取業者には「得意とする物件」がある事が多いです。

例えばですが、

  • 築年がかなり経過しているボロボロの戸建を専門的に扱う業者
  • 再建築不可物件を専門的に扱う業者
  • 都心の高級タワーマンションを専門的に扱う業者
  • 農地や田んぼ、山林を専門的に扱う業者
  • 一棟マンション、一棟アパートを専門的に扱う業者
  • 投資用物件を専門的に扱う業者

などです。不動産の種類は沢山あるので、それぞれにおいて専門的な領域を扱う業者は必ずいます。

ご自身の売りたい不動産の種類を得意としている不動産買取業者を見つける事が出来れば、納得いく結果を出しやすいと言えるでしょう。

特定物件を専門的に扱う不動産買取業者の探し方

では、どうやって特定物件を専門的に扱う不動産買取業者を探せば良いのかというと、GoogleやYahooなどの検索エンジンを使います。

  • 「〇〇 不動産業者 地名」
  • 「〇〇専門買取業者 地名」

基本的には近くの不動産業者とやり取り出来た方がスムーズで良いのですが、なかなか見つからない場合は地名を入れずに検索すれば、全国対応の不動産買取業者を見つける事が出来ます。

口コミや評判を確認する

査定を出す候補の不動産買取業者を見つけたら、ネット上での口コミや評判を確認し、どのような評価を受けているのか見てみましょう。

「法令を遵守している会社なのか」「お客様対応をしっかりとする会社なのか」「低価格帯の物件でもスムーズな対応をしてくれるのか」など、ネット上の口コミを見るだけでもある程度推測する事は出来ます。

ただし、ネット上の口コミは自作自演で盛る事も出来れば、競合他社から嫌がらせを受けている可能性もあるので、全てを信じてしまうのは危険です。口コミがある程度の件数があり、良い評判の割合が半分以上あるような会社を探しましょう。

複数の買取業者に査定依頼を出す

不動産買取業者の選び方の中で一番大事なのが、複数の買取業者に査定依頼を出して、一番高い金額で購入する意思のある不動産買取業者を選ぶのが良いでしょう。いわゆる相見積もりです。

流れとしては、

  1. 特定物件を専門的に扱う不動産買取業者を複数社ピックアップ
  2. ピックアップした複数社に相見積もり
  3. 相見積もりを取った会社の中で口コミや評判をチェックして、直接話を聞きに行く

という形になるでしょう。

まとめ

ここでは不動産買取業者の失敗しない選び方を解説してきました。

とても簡潔にまとめると、大事なのは「複数の買取業者に査定依頼を出して高い所に売却する」に尽きます。これを読んで頂いた方が納得いく価格で大切な不動産を売却できればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です